ショ糖や麦芽糖のように吸収されやすくエネルギー源になるものもありますが、腸内フローラの改善に役立つのはフラクトオリゴ糖や乳果オリゴ糖など難消化成分のほうです。

 

人間の消化酵素では消化されにくい成分であることから、血糖値の上昇を抑える効果も期待できます。砂糖と同じ糖の仲間ですが、糖尿病の予防や改善にも適した性質を持っています。

 

オリゴ糖の特徴


origotouオリゴ糖は分解されずに大腸まで達し、腸内細菌の中でも善玉菌であるビフィズス菌の栄養となって増殖させる作用があるため、腸の調子を整えるのに非常に有効です。

 

摂取しても90パーセント以上は消化吸収されないので血糖値もインシュリン濃度もほとんど上昇しないことになります。

また、砂糖の半分のカロリーしかないことからダイエット食材としても効果が期待できます。