中間菌とも呼ばれます。善とも悪とも言い切れないのは、その時々でどちらの味方にもなるからです。腸内細菌のほとんどがこの日和見菌です。悪玉菌が繁殖すると悪玉菌になびき、減るとおとなしくなる傾向が強い。

腸内が善玉菌優位のときは善玉菌のサポートをしますが、悪玉菌優位のときは一緒になって悪さをします。

 

日和見菌の特徴

virus_zendama_good-2悪玉菌の繁殖とともにその動きに同調します。病気やストレス、老化などによって免疫力が低下し、腸内環境のバランスが崩れることで日和見菌感染の要因になります。腸内細菌のなかで多数を占める日和見菌に悪さをさせないためにも、腸内を善玉優位のバランスに保ち、免疫力を高めておくことが大切です。