あらゆる食物が胃酸や胆汁などによって消化される消化液にも負けずに生き続けることのできる特殊な菌のことを腸内細菌といいます。腸内細菌には体にとって有益な働きをする「善玉菌」と悪さをする「悪玉菌」、中間菌である「日和見菌」があり、理想の腸内環境とは善玉菌が優勢であることがポイントとなります。腸内細菌(善玉菌、悪玉菌、日和見菌)の割合は年齢によって変化し、善玉菌であるビフィズス菌は赤ちゃんの時が最も多く、離乳を経て減少していきます。中年期から老年期にかけて徐々に減少していく傾向にあります。

 

腸内細菌の特徴

body_chou_kin-2腸内細菌は消化管の壁に定着して、感染防衛、健康維持、老化予防など、人間の健康を守るといわれています。腸内細菌が産生する酸によって腸内を弱酸性に保ち、病原菌の増殖を防ぎます。

免疫機能の約70パーセントを腸の免疫細胞が担っているということがわかってきました。